部屋に花を飾ってみよう

リビングや玄関に飾ろう

家族みんなで花を楽しみたいなら、リビングに置くのが良い方法です。
リビングのテーブルに置く場合は、低くすることをおすすめします。
花が高すぎると目線を遮ってしまうので、邪魔だと感じるかもしれません。
また玄関も、花を飾るのにおすすめだと言われています。
風水的にも良いですし、綺麗な花が玄関にあればお客さんが来た時に見てもらえます。
お客さんに良い印象を与えられるので、花を用意しましょう。

キッチンも、花を飾るのにおすすめの場所です。
綺麗な花を見ることで、忙しい時でも心を癒して、元気に家事に取り組めると思います。
ただキッチンは火を使う場所なので、花にダメージを与えてしまうかもしれません。
湯気が当たらず、なるべく温度変化が少ないところに飾りましょう。
トイレや洗面所などの、サニタリースペースに花を飾る人も見られます。
綺麗な花があると清潔感を演出できるので、雰囲気が良くなります。
サニタリースペースなら、一輪挿しを使うのが良いですね。
それなら狭い場所でも、しっかり花を飾れます。

飾りたい花の高さに合わせて、花瓶を選択してください。
花瓶が大きかったり小さかったりすると、せっかく綺麗な花を用意しても見栄えが悪くなってしまいます。
おすすめはくびれがあるデザインの花瓶なので、持っていない人はお店に探しに行きましょう。
注意する部分は、花瓶に満杯になるまで花を入れないことです。
少し余裕を持たせた方が、花が長持ちします。

綺麗な花を用意しよう

どのように花を楽しみたいのか考えて、飾る場所を決めてください。 リビングは、家族みんなが花を観賞できるのでおすすめです。 また玄関に飾るとお客さんが来た時に見てもらえるので、オシャレな人だと思われやすいです。 さらに玄関に花を飾るのは、風水的に良いと言われています。

キッチンやサニタリースペース

他にも、花を飾るのにふさわしい場所があります。 キッチンでも良いですが、花瓶の置き方によっては花にダメージを与えるので気を付けてください。 花をサニタリースペースに飾ると、癒しの効果だけでなく清潔感も演出できます。 一輪挿しでも、十分効果を得られるでしょう。

少しでも長持ちするように

間違った方法で生けていると、花の寿命が短くなってしまいます。 花を飾る場所が決まったら、正しい生け方もこの機会に勉強しましょう。 難しいことではないので、これまでに花に触れたことがない人でも簡単に実行できます。 おすすめの花瓶の選び方も知ってください。